福岡市早良区藤崎(西新)の歯科医院を開設している「ほりねこ」のブログ

ほりねこ院長のホリスティック日記 › 2009年02月

2009年02月28日

ワイン試飲会報告

こんにちは。ほりねこです。

昨日の夜は、院内で患者さんとスタッフを

交えてのワインの試飲会をしました。

総勢14人で12本のワインを飲みました。

大学病院時代からかれこれ17,8年のお付

き合いになるワインプラザの近藤さんが持って

きたワインは、いつもながらとてもおいしい

ものでした。

このメンバーではきっとワインの数が足りないと

予想していたほりねこは、家にあったワイン

(これも近藤さんから買ったものですが)を

持ってきておいたので、『酒が足りんぞ』という

暴動は起こされずに済みました。

参加していただいた皆さんにおつまみの差し入れも

していただいたおかげで、時間がたつのも忘れて、

夜11時頃までワインを楽しんでました。


こんな風に書くとほりねこは無類の酒好きのように

思われるかもしれませんが、実は下戸です。

家で晩酌と言えばコーラに、つまみはかっぱ

えびせんかカールというような人間ですので、

ワインなんか飲むとすぐにフラフラしてしまいます。

そんな生活を送っていたので最近へヴィメタ

(ロックのことではなく、へヴィなメタボの意味です)

気味なんです。





  
タグ :ワイン


Posted by ほりねこ at 10:30Comments(0)ホリデン

2009年02月27日

藤崎のランチ2

こんにちは。ほりねこです。

今日のランチ紹介は西新の早良郵便局の近くにある

お蕎麦屋さん、草八です。

ジャズの流れる店内で、お酒のおつまみもたくさん

揃えています。

東京のお蕎麦屋さんは、たいてい日本酒とつまみを

置いている所が多いですよね。

お昼の鳥なんそばと味御飯のセット。

お蕎麦は、あっさり目で上品な味でした。



おそばには土筆が添えられていて春を

感じさせます。

大人のお蕎麦屋さんという雰囲気のお店です。

  
タグ :蕎麦


Posted by ほりねこ at 09:04Comments(1)グルメ

2009年02月26日

修猷館の人脈ネタ2

こんにちは。ほりねこです。

この間ほりねこの母校修猷館の後輩に

髭男爵のひぐち君がいることを書いたところ、

いろいろな人から、反響がありました。

実は同級生にも芸能界で活躍している人が

いるんです。

松尾潔君といって、音楽プロデューサーをしています。

平井堅のプロデュースをしたり、ASAYANという

番組でケミストリーを発掘して名づけ親にもなった

売れっ子プロデューサーです。

昨年のレコード大賞では、彼が作詞作曲した、

EXILEの『TiAmo』が大賞を受賞しました。

がんばってるなあ。

ちなみにもう一人、RKBアナウンサーの

茅野君(ホークスの実況やニュース番組でおなじみ)

も同級生です。



  

Posted by ほりねこ at 09:58Comments(0)福岡

2009年02月26日

藤崎のランチ

こんにちは。ほりねこです。

今日は藤崎界隈のランチ紹介シリーズです。

今日ご紹介するのはインド風カレーのお店、

『亜橋』です。



お昼のランチセット

カレーはチキンとあさりの2種類です。

チーズ入りナンのセットを選んでみました。



ナンにとろけるチーズがたっぷり。

とてもおいしいです。

これに食後にラッシーがつきます。900円です。

ボリューム的にはほりねこでもお腹がいっぱいに

なるくらいですので、女性にとっては量が多いと

かんじるかも・・・

ココナツミルクがたっぷり入ってるんでしょうか、カレーも

とてもマイルドで食べやすかったです。  


Posted by ほりねこ at 09:23Comments(0)グルメ

2009年02月25日

ワインの試飲会

おはようございます。ほりねこです。

金曜日は診療後に福岡ホリスティックデンタル

クリニックでワインの試飲会を行います。

参加費は無料です。

昔から付き合いがあるワイン輸入業者の人に

来てもらって、ワインのウンチクを聞きながら

楽しみます。

まだ若干名なら参加可能です。ご興味がある方は、

リンクしてあるほりねこ通信のメールフォームにて

お問い合わせください。



このワインはドイツのケルペンさんの蔵元のワインです。

以前にこの業者さんから買ったものです。

実はこのワイナリーは後に『世界ウルルン滞在記』で

横山めぐみさんが滞在した蔵元として

有名になりました。

今回、このワイン(アウスレーゼ)もあけちゃいます。

  


Posted by ほりねこ at 09:53Comments(0)ホリデン
おはようございます。ほりねこです。

アカデミー賞で『おくりびと』が受賞しましたね。

見に行きたかった映画でしたが、見に行け

なかったのですが、これをきっかけに再映

されるでしょうね。

おくりびとは『死』をテーマにした映画ですが、

今の日本では、ほとんどの人が自宅ではなく

病院で死んでしまいます。

葬儀も葬儀屋さんに任せて、淡々と進みますし、

『死』に対するリアリティを失っているように

思います。

皆さんの中にも、臨終の場に立ち会った事がない

人も多いんではないでしょうか。

自分の肉親に囲まれて、安らかに臨終を迎えて

いる人って本当に少ないような気がします。

そんな時代に、「死ぬ」ということはどんなこと

だろうかと言うことを研究した人がいます。

エリザベス・キューブラー・ロスという女医さんです。

彼女は人が死を受け入れて、死んでいくまでの

状態をいくつかの段階に分けて、本人と周りの人が

どのように死と向き合っていけばいのかということを

書いています。

死ぬ瞬間―死とその過程について (中公文庫)死ぬ瞬間―死とその過程について (中公文庫)
(2001/01)
エリザベス キューブラー・ロス

商品詳細を見る


もう一冊お勧めする本は日本のイラストレーター
寄藤文平氏の『死にカタログ』です。
ここには世界中の死に対する考え方を
ゆるいイラストで紹介していて、なかなか
面白いです。

死にカタログ死にカタログ
(2005/12/15)
寄藤 文平

商品詳細を見る


彼の作品にはもうひとつのタブー『うんこ』に関する
本もあり、それもなかなか面白いですよ。

ウンココロ ~しあわせウンコ生活のススメウンココロ ~しあわせウンコ生活のススメ
(2005/04/16)
寄藤 文平藤田 紘一郎

商品詳細を見る

  


Posted by ほりねこ at 09:39Comments(0)統合医療

2009年02月23日

金属アレルギー

おはようございます。ほりねこです。

水銀のお話を三回にわたってしてきましたが、

今日はもう少し話題を広げてみます。

金属アレルギーについてです。


歯科治療ではいろいろな金属がつかわれます。

前回までにお話した水銀や金、銀、パラジウム、

銅、コバルト、クロム、インジウム、亜鉛などなど

霧を挙げると大変なぐらいです。

この金属が唾液の働きによって腐食したり、

金属間で電池ができて弱い電流が流れるときに

イオンとなって溶けだしたりするため、体内に金属が

取り込まれることになります。

これが人によってはアレルギー源になって、様々な

症状を引き起こすことがあります。

特に問題になるのが、掌蹟膿胞症(しょうせきのう

ほうしょう)という難病です。

数年前に女優の奈美悦子さんがこの病気で苦しん

でいて話題になりました。

この病気の原因の一つに金属によるアレルギーが

疑われています。

最初は手のひらや足に小さな水泡ができてきて、

かゆくなり、時として関節にも炎症を起こしてくる

病気です。アトピーと症状は似ているのですが

まったく違う病気です。

もし金属アレルギーが疑われるときには、皮膚科で

パッチテストをしてもらい、アレルゲンが歯科で使う

金属かどうか調べてもらった方がよいと思います。

場合によっては口の中の金属をはずして、アレルギー

を起こさない他の物に置き換えて治療が必要になる

場合もあります。

その治療法については次回お話します。



※最近掌蹟膿胞症はビオチンという栄養素で治療を行う

分子整合科学的な栄養療法で治療する例も

増えてきています。専門のお医者さんでご相談ください。

  


Posted by ほりねこ at 12:00Comments(0)歯科

2009年02月21日

水銀とデトックス

こんにちは。ほりねこです。

アマルガムや大型の魚に含まれる水銀

を体内に取り込むと様々な障害が出てくる

ことを前回までに書きました。

今日はこの水銀を取り除く方法について書き

ます。

まず、キレート療法(キレーション)があります。

キレートとは蟹のハサミのことで、キレート剤と呼ば

れる物質には水銀を挟み込むような構造があります。

水銀に限らず、鉛やカドミウムなどの重金属も

挟み込んでくれます。

たとえば、EDTAという物質を点滴で注入して

体中の重金属を取り除く方法があります。

保険は効きませんが1回2~3万円くらいでは

ないでしょうか。

どこの病院でもやっているわけではないので、

アンチエイジング外来を持っているようなところで

相談してみてください。

もちろん自然界の食物にもこのキレーと構造をもった

物があります。



ニンニクや玉ねぎ、ニラなどに含まれる硫化アりル

という成分がそれです。

また、玉ねぎの皮やパセリなどに多く含まれる

ケルセチンという成分もキレート効果があります。

デトックスのためにはこれらをたくさん含む食物を

とればよいと思います。

また、デトックス用のサプリメントも販売されています。

次に、水銀は脂肪を多く含む組織に蓄積しやすいの

で脂肪を減らすこと、つまりダイエットもデトックスに

つながります。

特に勧めたいのがファスティング(断食)です。

ファスティングによって普段使いすぎている内臓を休め、

身体の働きを本来の状態に戻す効果もあります。

1日2ℓの水と野菜ジュース、サプリメントでしっかり

ビタミン、ミネラルを補給しながら行ってください。

ミビタミンとネラルが不足すると、脂肪を燃やす働きが

うまく働かず、効率が悪くなってしまいます。

水銀の排泄経路はほとんどが便から、次に尿や

母乳、毛髪です。

毛生え薬を使って髪の毛に水銀を取り込ませて取り

除く方法もありますが実効性には疑問符がつきます。



  


Posted by ほりねこ at 12:54Comments(0)統合医療

2009年02月20日

アマルガムと水銀2 

おはようございます。ほりねこです。

昨日は歯科治療で使うアマルガムという

金属には水銀が大量に含まれていること、

そして未だに一部の歯科医院では治療で

使われていることを書きました。

水銀の害といえば皆さん水俣病をすぐ連想

されると思うんですが、アマルガムが口の中に

あるからといって水俣病になるわけではありま

せん。

ただ、水銀は中枢神経系に障害を起こすことが

知られていますので長い年月にわたって蓄積すると

問題が起きる可能性は十分にあります。

最近では、水銀が自閉症の原因になっているの

ではないかという意見もあります。

ただ、これについては諸説いろいろありますので、

確定的とは言えません。

また、昨日に記事にも書きましたが水銀は母親

から胎児に移行することはよく知られていまして、

厚生労働省でも数年前から、妊婦の人はマグロや

クジラなどの大型の魚を一日80g以上は食べない

ように推奨しています。

(マグロなどの大型の魚には、食物連鎖によって

水銀が濃縮されています。)

ちょうど昨日の西日本新聞に、『日本人の

毛髪に含まれる水銀の量は東高西低』という

記事が掲載されていました。

全国14都市で髪の毛に含まれる水銀の量を

調査したところ、水銀の量が多かったのは

マグロなどの摂取量が多い東日本の地域で、

逆にアジやサバなどを好む九州の人には水銀

が少なかったということです。

この調査にはアマルガムのことは加味されて

いませんが、データを正確に出すなら、口の中

を調べてアマルガムの有無も考慮に入れた

ほうが良かったかもしれません。


また、こんな記事もでていました。

水銀規制で米が政策転換

これによってアマルガムにも規制がかかるかも

しれません。



ところで、体内に入り込んだ水銀を取り除くことは

できるのでしょうか。

完全に0にすることは難しいと思いますが、

減らすことはできます。

いわゆる俗にいうデトックスってやつです。

このお話はまた次回に・・・


  


Posted by ほりねこ at 11:04Comments(0)歯科

2009年02月19日

アマルガムと水銀1

こんにちは。ほりねこです。

皆さんの口の中には銀歯が入っていますか。

一口に銀歯といってもいろいろありますが、

アマルガムという銀歯をご存知でしょうか。

以前はよく使われていた銀歯の1種なんですが、

水銀を50%も含む合金なんです。

こんな感じです。



アマルガムというのは水銀とスズなどの合金です。

スズなどの金属の粉と水銀(液体)を混ぜることで

徐々に固まってきます。

歯を削った穴に固まる前のアマルガムを埋め込むと

不思議なことに口の中で金属が詰められるのです。

普通銀歯を作る時には歯型をとって、蝋(ワックス)で

鋳型を作り、そこに高温で溶かした金属を流しこんで

作るのですが、アマルガムだと、そんな手間がかかり

ません。

しかし、固まる前の液体の水銀はすぐに揮発しますし、

その蒸気を吸い込むことも危険なのですが、

固まって合金になったアマルガムからも少しずつ

水銀が蒸発していきます。

歯に詰めたアマルガムをこすると水銀が蒸発していく映像

最近では使われることが少なくなってきたとはいえ、

まだまだ使っているところもあります。

データが少し古いのですが、平成12年歯科用水銀

アマルガムが充てんされた回数は約23万回で、

歯科治療に用いられた水銀の量は、およそ700kg

になると推計されています。

アマルガムに使われた水銀は少しずつ蒸気となって

体内に蓄積されることが分かっています。

身体の中でも脂肪が多い組織に蓄積されるので、

脳や皮下脂肪などに蓄積されていきます。

また、胎児への水銀の移行も報告されているため、

スウェーデンなどでは早くから、使用が禁止されています。

皆さんの口の中には写真のような金属ありますか。

金属の縁の方から黒ずんできたりしていませんか。

一般の人にはアマルガムと、現在よくつかわれる銀歯との

区別はつきにくいでしょうが歯科医師なら見たらすぐに

わかります。

身体のことを心配する方ははずして新しい歯を入れ直すことも可能です。

  


Posted by ほりねこ at 14:06Comments(0)歯科

2009年02月18日

髭男爵のひぐちくん

ルネッサーンスッ!ほりねこです。

この前、ほりねこの母校の修猷館高校のOBの

調べ物をしていた時に偶然に発見したんです。

なんと髭男爵のひぐちくん(召使役の方

です)は

修猷館出身だったんです。

知らなかったなぁ。

ということは、ほりねこの後輩ってこと。

急に親近感がわいてきました。

ホリネコカッター!  


Posted by ほりねこ at 15:41Comments(0)福岡
おはようございます。ほりねこです。

昨日は先日ブログにも書いた黒ごま三景プリンの

生みの親でもある堤さんご夫妻と、もつ鍋を食べ

に行きました。(御馳走していただきました。

ありがとうございました)

東京からメークのセミナーのために来福した

美ファイン研究所の先生お二人も一緒です。

場所は博多駅そばの京風もつ鍋で有名な

『越後屋』です。



やっぱりここのもつ鍋はうまいですね。

東京のお二人も大満足でした。


ところでニュースがあります。

黒ごま三景プリン

先日東京で開かれたイベントでグランプリをとりましたよ。



以下日本商工会議所HPより一部抜粋

「第5回グルメ&ダイニングスタイルショー

(GDSS)春2009(主催:ビジネスガイド社)」

(2月3~6日、東京ビッグサイト、同時開催

「feel NIPPON(主催:日本商工会議所)」)

で実施された新商品コンテストで、北九州

商工会議所(福岡県)が出品した

「黒ごま三景プリン」がフード部門の大賞に

輝いた。

大賞商品は、地元喫茶店の人気ランチ

デザートを商品化したもので、昨年4月から

販売開始。

名前の通り三層になったプリンで3種類の

食感が楽しめる。(抜粋終わり)



すごいですね。

堤さんおめでとうございます。

今後販売される店舗も増えていくようです。

博多でも手に入るようになればいいですね。

食べたことない方はぜひ手に入れてみてください。

味はほりねこが保証します。

黒ごま三景プリン

ほりねこは今朝早く目が覚めたので、いつもより

遠回りをして1時間ぐらいサイクリングを楽しみました。


朝7時の大濠公園

  


Posted by ほりねこ at 11:20Comments(0)グルメ

2009年02月16日

福岡の女性はきれい?

こんにちは。ほりねこです。

こんな記事が2月14日の西日本新聞の

夕刊に掲載されていました。



記事によると総務省の調査では、化粧品や女性の

衣類、部屋を飾る花などにかける1世帯当たりの

年間支出額(05‐07年の平均値)は全国平均が

10万2678円に対し、福岡市は13万416円と

約2万8000円も上回っているそうです。

また、美容施設の数を、全国的におしゃれな人が

多いといわれる横浜市、神戸市と比較すると、

女性10万人当たりの美容室の店舗数(2008年)

は、横浜が164・4軒、神戸が205・5軒だったの

に対し、福岡市は269・6軒と、大きく上回っている

そうです。

また、ネイルサロン、エステティックサロンの数も

同様に福岡が突出しているんだそうです。

つまり福岡の女性は自分がきれいになるために

お金をかけているということ。

記事の分析によれば、首都圏よりも住居費や通勤

に時間を取られない分、自分に投資できる余裕が

あるということなんだそうです。

最近自分に投資してますか?


ちなみに歯科医院の数も福岡市は全国でもトップ

レベルの多さです。

ほりねこの歯科医院でも健康と美容は切っても切り

離せないものと考えています。

いろいろな意味で女性がきれいになるサポートが

できる歯科医院でありたいと思います。
  


Posted by ほりねこ at 12:09Comments(0)歯科

2009年02月16日

春の風物詩

おはようございます。ほりねこです。

暖かい日が続いていたのにまた冬に逆戻りの

気候になってしまいました。

ほりねこがいつも自転車で通っている室見川には

春の風物詩の白魚のやな掛けが始まっています。



最近は白魚食べていないですねぇ。

皆さんは『白魚の踊り食い』食べたことありますか?

白魚を生きたまま酢醤油につけて食べるんですよね。

喉を通る時のぴちぴち感がなんともいえない!

子供は怖がって食べられなかったですけど・・・

おいしいのかって聞かれると、困ってしまいますが、

春を感じる食べ物なんですよね。

以前はスーパーにも生きたままの白魚を見かけて

ましたけど最近はあまり目にしなくなってきました。

デパートの魚屋さんにはあるんでしょうか?


室見川には子供のころは魚釣りに行ったり、探検に

行ったり毎日のように通っていました。

その頃とはずいぶん川は表情を変えましたね。

サイクリングロードだけは昔と変わらず健在です。

久しぶりに自転車で寄り道して帰ってみようかな。
  
タグ :白魚室見川


Posted by ほりねこ at 09:14Comments(0)福岡

2009年02月14日

のどの痛み

こんにちは。ほりねこです。

今日もあったかいですねえ。

まあだまだ仕事中なんですが、

ひとっ走りドライブにでも行きたい気分です。

インフルエンザの流行もピークを過ぎたという

ような報道もありましたが、まだまだ寒い日が

やってくるでしょうから、油断は禁物です。

ちょっと昨日からのどに少し痛みがあったので、

ビタミンCのサプリをいつもより多く飲み、

ホメオパシーのアコナイトというレメディを使って

みました。

アコナイトというレメディは、急激に起こる症状や、

ショックに対して有効です。

寒さのあと(ほりねこは昨日湯ざめをしてしまった

ようなので)急激に発熱したり、ぞくぞくしたりする

ときにまず試してみるレメディです。

アコナイトとは実はトリカブトのことです。

昔トリカブトを使った殺人事件があったように、トリ

カブトそのものは強力な毒を持っています。

しかし、漢方でも附子(ぶし)として多用されて

います。

漢方では身体を温める作用がある薬として

冷え症の治療によく使われています。

ホメオパシーの場合、トリカブトから作るといっても、

希釈を重ねてトリカブトの物質自体は理論上全く

はいっていないほどにまで薄めた物を使います

ので、毒性については心配ありません。



レメディというのは砂糖玉に先ほどの超極限まで薄めた

液を吹き付けた物です。

中身はこんな感じです。



直径は5mmぐらいです。

飲むときには1粒ずつ使います。

この金平糖みたいなものを噛まないで口の中で

ゆっくり溶かします。

味はもちろん甘いだけです。

お子さんからお年寄り、妊婦の方にまで使えます。

こんなもんでよく病気が治るもんだと思われるかも

しれません。

欧米では医療の一部として認められており、

保険が使える国もあります。

しかし、レメディと身体の状態がぴったり一致しないと

なかなか期待された効果が出ないものです。

自己判断だけでレメディを飲み続けるのは危険です。

ぜひ専門の先生に相談してください。  


Posted by ほりねこ at 15:04Comments(0)ホメオパシー

2009年02月13日

春一番

おはようございます。ほりねこです。

今朝は春一番が吹き荒れていて自転車で

通勤するほりねこにはこたえました。

目にゴミは入るは、自転車が風に

あおられるは・・・

いつも通っている室見川沿いの道で一服。

ついでだから携帯で写真をぱちり。


手前を流れるのは室見川 福岡タワーを望む

室見川ではシロウオ取りのやな掛けも

始まったようです。

皆さんはシロウオ食べたことありますか?

やはりシロウオといえばやはり生きたまま

食べる踊りでしょう。

以前、娘は怖がって食べませんでしたけど・・

このやな掛けを見ると福岡にもいよいよ

春が来たなあと実感します。

 
今日の西新の昼ごはんは

『六』の中華そばです。

豚骨ラーメンが多い福岡においてしょうゆ味の

中華そばは貴重です。

すっきりしたスープで全部飲みほしました。



ここには数量限定の『とりそば』というのが

あるんですがこの日はもう売り切れでした。

今度こそ食べに行くぞ。


※ほりねこは10年くらい前まで薬院にあった、

『信兵衛』の中華そばの大ファンでした。

残念ながら大将がなくなってお店はなくなってしまい

ましたが人気店だったんでご存知の方もいるのでは?

  


Posted by ほりねこ at 09:52Comments(0)グルメ

2009年02月12日

西新昼ごはん報告

おはようございます。ほりねこです。

ほりねこが開業している藤崎から西新に

かけては、藤崎、高取、西新商店街と続いて

いて賑やかな通りです。

最近天気がよい時にはできるだけ外に出て

昼ごはんを食べるようにしています。

自転車で5分圏内の西新界隈にはお店も多く

いろいろなバリエーションが楽しめます。

そんな中から、今日は老舗のお店を紹介します。

ピラフで有名な『ダンケ』です。

高校時代を西新で過ごしたほりねこにとっても、

懐かしいお店です。

当時は『ダンケ』でピラフを食べるのはとっても

贅沢な感じがしたものです。

店内は昭和の喫茶店の雰囲気で、当時とあまり変

わりがなく、そのまま時間が止まったかのようです。

なんといってもここの自慢は手作りのピラフ。

10種類以上のバリエーションがあります。

マスターが一人で切り盛りしているので、忙しい時

にはちょっと時間がかかるかも・・・

先日は、ハンバーグピラフ(大盛)を注文しました。



昔から変わらない味です。

見た目よりも、あっさりしていておいしい!

ほりねこが高校時代から残っているお店もだんだん

少なくなってきましたが、まだまだ頑張ってほしい

お店の一つです。




  


Posted by ほりねこ at 09:18Comments(0)グルメ

2009年02月10日

ギャートルズ肉

こんにちは。ほりねこです。

最近食べ物の話題が多いですが、

今日も行きますよ。

『はじめ人間ギャートルズ』に出てきた骨付きの

お肉が販売されているんです。

とはいっても若い人にはわからないかもしれ

ませんね。

当時の子供たちはゴンが食べていたあの大きな

お肉をあこがれを持って見ていたもんなあ。

ほりねこ的にはマンモー(マンモス)の大きな

ピンク色の輪切りにしたお肉がおいしそうに

見えました。

その夢を実現してくれるようなお肉が販売され

ましたよ。

その名もズバリ、 『ギャートルズ肉』

あれっ。もう昨日発売分が完売になってる。

実際はこんな感じです。


(エスケー食品HPより)

この次はマンモス肉も再現してください。


さて話は変わりますが、ホリデン『福岡ホリス

ティックデンタルクリニック』では、季刊誌春号が

出来上がりました。

患者さんには先日発送完了しました。




ほりねこのイラストはスタッフ作です。
  


Posted by ほりねこ at 10:33Comments(0)グルメ

2009年02月09日

キルフェボンのタルト

おはようございます。ほりねこです。

久しぶりに福岡で過ごした休日でした。

子供のバレエシューズを買いに天神にある

Chacott(バレエ用品のお店)まで行ってきました。

7歳になるお姉ちゃんはまだバレエを始めたばかり

ですが、いつもその練習を見ている4歳の妹も

一緒に習いに行きたがっています。

その帰りに近くにあるキルフェボンでタルトを

買って帰りました。

春らしくいちごたっぷりのタルトです。





写真がいまいちですが、イチゴのムースがとっても

おいしいタルトでした。

子供たちはイチゴの他にブルーベリーなど

ベリー系がたくさんのったタルトでした。

写真を撮ろうと携帯を向けましたが、さっさと

かじられてしまいました。

少しはお父さんのネタ作りに協力しろよ。

キルフェボンに行かれた方、。お店で働いている人の

バンダナが一人だけ色が違うのに気がついてました?

これは、各店舗に一人だけ毎月ナンバーワンアソシエ

というのを決めていて、選ばれ屋人だけがオレンジ色の

バンダナをつけられるんだそうです。

今度行った時にはオレンジ色のバンダナの店員さんを

探してみてください。  


Posted by ほりねこ at 09:54Comments(0)グルメ
おはようございます。ほりねこです。

今日も花粉症対策です。

この時期はコーヒーをやめて、ハーブティを

飲みましょう。

まずお勧めするのは、

エキナセアです。

エキナセアには免疫力を高める効果があり、

風邪やインフルエンザの予防にもつかわれる、

欧米では人気の高いハーブです。

匂いがやや青臭く感じる方には、ペパーミントを

ブレンドすると飲みやすくなります。

ペパーミントには鼻の通りをよくするさわやかさも

ありますので組み合わせるとなおよいでしょう。

ほりねこの医院では、治療後にご希望の方には

メディカルハーブティを無料でお出ししています。

お店に行くと500円はするような、高品質の

ハーブティです。

ぜひご利用ください。  


Posted by ほりねこ at 10:53Comments(0)