福岡市早良区藤崎(西新)の歯科医院を開設している「ほりねこ」のブログ

ほりねこ院長のホリスティック日記 › 2012年03月
2日目はプサン駅からKTXに乗ってソウルへ移動。



約3時間の韓国版新幹線の旅は快適です。



ソウルに到着。

昼食は毎回同じお店で食べてます。

今回はカルビタン。

個人的にはこの前食べたソルロンタンよりもこっちの方が好きです。



韓国で食事に行くとよく出てくるのが生のししとう。

味噌を付けてかぶりつきます。あまり辛くはありません。



夜は宴会でした。

日本ではあまり見慣れない鍋ですがこれで何を作るのでしょう?



正解は・・・・・

「プルコギ」でした。



相変わらずおかずが豊富で・・・(一部しか写ってませんが)


ゴボウの天ぷらのキムチ。これ美味かったなあ。


豆腐チゲのスープ


お酒を飲んで一緒に食事をしていると日本人だとか韓国人だとか

関係なくなりますね。

みんな基本的には仲良くできるんです。

とっても優しくて思いやりのある人が多いです。

ネット上の情報や他人の噂に惑わされないで、若い人にはもっと海外に行って

いろんな国の人たちと交流を持って欲しいと思います。

そうやって世界の人々と生のコミュニケーションを取り、その国の風土を肌で感じ取ることで

日本という国がこれからどうあるべきかを考えるヒントが生まれてくるのではないかと思います。

奇しくもこの記事を書いている時(3月」28日)にソフトバンクの孫社長が
こんなことをtwitterでtweetしました。

孫 正義 (@masason)
東日本震災県の高校生の皆さん、夏休みの米国短期留学支援します。
私が16才の時に留学したカリフォルニア大学へ。
300名、完全無料。〆切4月16日。 0120-955320

これ本当なら申し込みたい!→対象外ですが…

該当者の高校生は躊躇なく申し込んでほしいなww









  


Posted by ほりねこ at 09:15Comments(0)韓国
国際市場をさんざん歩きまわりましたが結局買い物した物はゼロ。

そこで晩ご飯のお店を探すことにしました。

無難に日本語のメニューがあるお店を選択しましたが…

ま、ここが韓国料理のファミレスっぽいところでして、

値段は安かったですけど味はそこそこでした。

ナクチボックン(タコの辛炒め)定食




マンドゥ(餃子)。形が日本とは違いますww


食後にカフェでコーヒーを飲んだのですがコーヒー代と食事代(単品)が

あんまり変わらないんですよねww

カフェのコーヒーは日本円換算でも300円から400円位ですので

こちらの物価で言うとちょっと高めなんじゃないでしょうかww


翌日。早起きして移動前にホテル周辺を一人で散策。

こんな看板を見つけたので早速はいってみました。

本格的なアワビ粥食べたかったのです♪



地下のお店に入るとお客さんは誰もいない。

しかもメニューは日本語で書いていないので仕方なく

日本語が分からない店主さんに「アワビ粥下さい」と日本語で注文。

それでもなんとか通じたようです。

あっさりしていてしかもアワビがとても柔らかい!

これで7000ウォン(約500円)は満足感あります。



  


Posted by ほりねこ at 09:03Comments(0)韓国
え―、少し前になりましたが3月も韓国出張がありまして。

ま、韓国レポートとタイトルに漬けてますけどほとんどは

食べ物の話題なのです。



毎度おなじみのビートルに乗りましてお昼頃プサンに到着しました。

プサン駅そばのお店で地元の人しか行かないようなお店に入りこみ

ポッサム(ゆで豚)のセットを注文。





お約束のキムチ、そしてどこに行ってもたくさん出てくるお惣菜ww

一仕事終えて夕方から国際市場へ。

韓国訪問3回目にしてようやく観光地らしいところに行きましたww

飲食店や衣料品、化粧品、携帯電話のお店などが多くとても賑わってます。

すごく人々のエネルギーを感じる街ですよねー。



屋台も美味しそう♪


こちらは日本語で『屋台』と書いてますが…


実際には『居酒屋』でしたww


こちらはラーメン屋さんです(笑)



いつか食べるぞと思いつつなかなか食べられない


露店もたくさんあります。


これも移動店舗(笑)トラック全部靴下だらけww


露店にはこんなにキュートな店番もww


屋台の中でも行列ができて人気のお店を発見!

ホットックのお店です。


ホットックとはもち米の生地で作った饅頭のようなものを油で揚げたもの。
中には黒砂糖が入っていてとろけてます。


こちらのホットトックはさらにヒマワリの種を中にはさんだもの。
甘さと香ばしさがマッチして美味しい!
1個900ウォン。(65円くらい)
  


Posted by ほりねこ at 09:02Comments(0)韓国
訪問歯科診療をやるにはとても大変なエネルギーが必要になります。

毎回、重たい荷物を持ち運んで車で移動し、患者さんのベッドサイドで

診療室とは程遠い限られた治療環境で治療にあたらなければいけません。

患者さんも基本的には歯科以外の病気を持っていたり、体力的に

長時間の治療に耐えられない方がほとんどです。

中には認知症の患者さんのように、コミュニケーションが取りづらい

方も多くいます。

患者さんの家族、ケアマネージャー、介護施設の職員の方など

いろんな方への情報の提供や打ち合わせも必要です。

正直言って自分のクリニックで診療するより大変です。

体力的にも精神的にもハードな仕事になるだろうと予想されます。

今までどうしても訪問診療に踏み出せなかった理由がここにあります。

また、訪問診療に出かけている間は当然のことながらクリニックで

自分の患者さんを診ることはできません。

幸いにも小児歯科の専門の先生が留守中は小児歯科の診療を

行ってくれますが、それでも自分の患者さを診る時間はとれません。

これは、少々訪問治療の保険点数が高いからと言って見合うものでは

ありません。

訪問診療で診ることができる患者さんの数には限りがありますし、

移動の時間も必要になるからです。

それでもやらなければいけないと思っています。

これは僕のこれまで培ってきた歯科医としての能力を社会のために

還元するいい機会だと感じているからです。

歯科医師になって20年が過ぎ、ようやく世の中のために働け

る気持ちになりました。(遅いですけどww)

でも、この年になって分かってくることもたくさんあります。

年齢を重ねるってことは意外と悪くないのかもしれません。

そして、そういった人生の先輩方と一緒に寄り添いながら、

余生を少しでも人間らしく豊かに暮らせるようなお手伝いをさせて

もらえることに喜びを感じます。



平均寿命と健康寿命という言葉があります。

平均寿命はご存知の通り、いくつまで日本人は平均して生きられるかという

数字です。

そして健康寿命というのは 介護などの必要がなくて自立して暮らしていける

年齢のことですが、日本人の場合、子の平均寿命と健康寿命の差が

約10年ほどあります。

分かりやすく言うと、日本人は平均して死ぬ前の10年間は何らかの介護を

受けたり寝たきりの状態で過ごしているというのが現実なのです。

理想はPPK(ピンピンコロリ)なのでしょうが現実は程遠いものです。

健康寿命を延ばすためには歯の健康がとても重要です。

そして、そのような要介護の状態の方にもきちんとした歯科医療を

受けていただきたいと思います。

訪問歯科診療がこれからの超高齢化社会になくてはならないものと

なっていくことは間違いありません。

ほりねこもこれからの歯科医師人生のライフワークとして取り組んでいこうと

思っています。




















  


Posted by ほりねこ at 09:03Comments(0)ホリデン
そもそもほりねこが訪問診療を始めようと思ったきっかけは

「ミキサー食」に頼らざるを得ない人たちを一人でも少なくしたいと

考えるようになったからでした。

とある勉強会で、入院患者さんのミキサー食の実態のスライドを見せられた時、

衝撃を受けたと同時に、「自分の親が年老いたとしても絶対にこんな食事を

させたくないな」と言う気持ちになりました。

ここで言うミキサー食とは栄養や味を考えて食べやすいようにミキサーを使って

調理されたものではなく、入院患者用に作った食事を全部まとめてミキサーにかけて

ドロドロにしたものだったのです。

これでは家畜のえさと一緒です。

人間の尊厳もへったくれもありません。

介護の効率のためにそのような扱いを受けなければならない状況に

悲しくなりました。

介護が必要な患者さんがきちんとした歯科治療を受ける機会があれば

こういった事にならずにすんだのかもしれません。

もちろん病院や施設によっては、食事にも時間をかけてきちんとした

対応を取っているところも多いと思います。

身体の自由も利かなくなり、外に出かけたりできなくなってくると

「食事」が人生の楽しみのウエートを占める割合が高くなると思います。

食べ物を美味しく食べることがどんなに幸福感を得られることか。

そういった幸せを少しでも取り戻せるお手伝いができれば・・・

歯科医師になった自分が少しでも社会に貢献できる事ではないかなと

考えていましたが、なかなか実現までには時間がかかりました。



また、最近では口から栄養が取れない人のために胃に直接穴をあけて

高カロリーの栄養が取れるようにした「胃ろう」の問題が新聞などでも

報道されるようになってきました。

もちろん胃ろうによって命を繋ぎとめている方がたくさんいるのも承知してます。

しかし、『食べる』ということをやめてしまうのは、ほりねこにとってはとても

耐えられない事態なのです。

私の祖母は、脳梗塞で倒れた後、亡くなる前まで意識が戻ることなく、

チューブに繋がれたまま生かされてました。

危篤になるたびに親戚が駆けつけ、薬の力で持ちこたえる。

こんな状態が半年も続きました。

これではとても人間らしく生きたとは思えません。

ここで安楽死とか尊厳死の議論をする気は毛頭ないのですが、

食べるのをやめるということは自分で生きる能力をもぎ取られてしまうこと

に等しいと思います。

ミキサー食や胃ろうに頼らないといけない患者さんを少しでも減らせるように

いろんな方との連携をしていきながら、訪問歯科診療に取り組んでいきたいと

思います。








  


Posted by ほりねこ at 09:05Comments(0)ホリデン

2012年03月27日

訪問歯科診療始めます

福岡ホリスティックデンタルクリニック(ホリデン)では

4月から訪問歯科診療を始めます。

ホリデンの歯科訪問診療部として地域訪問歯科支援センター

「セントラル」と業務提携を行いました。

これからもさらに地域医療を支えるために頑張っていきたいと思います。


訪問歯科診療といってもあまりなじみがない言葉かも知れません。

訪問歯科診療では、身体が不自由だったり、寝たきりなどの療養中で

歯の治療の通院が困難な方のために、歯科医師とスタッフがご自宅や

施設に訪問して治療を行います。

(ただし風邪をひいていて一時的に通えないとかいう場合などは

訪問診療はできません。)

また、お口の健康維持のために口の中の清掃や衛生指導を

行ったりします。


寝たきりの患者さんなどでは口の中のばい菌が原因で肺炎を起こしたり

インフルエンザなどの感染のリスクが高まることが知られています。

そういった患者さんを抱えているご家族や施設関係者の方、さらに

ケアマネージャーの方には口の中のケアの重要性を是非知っていただきたいのです。

「自分で食べる」ということがどんなに大切なことであるかは皆さんにも

容易に理解いただけると思います。

そしておいしく「食事をする」ことが最高の楽しみであってほしいのです。



費用は原則的に健康保険や介護保険の適応になりますので

ご安心ください。

交通費に関してはいただきませんが、規則によりクリニックから

半径16km以内の範囲にしか訪問できませんのでご了承ください。

早良区、西区、城南区、中央区の一部を中心にやっていくことになりそうです。

もちろん治療室のように大がかりな設備は持っていけませんが

ポータブルのレントゲンや、歯を削る機械などの装備は準備できます。

原則として訪問診療は週に1回、木曜日の午後からの訪問となります。


訪問診療に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

地域訪問歯科支援センター
セントラル 
電話 092-732-6517



















  


Posted by ほりねこ at 11:14Comments(0)ホリデン

2012年03月19日

ソウルに移動中

KTXに乗って釜山からソウルに移動中です。あと30分弱で到着予定。





ほりねこ
  

Posted by ほりねこ at 12:34Comments(0)
間もなく出航です♪





ほりねこ
  

Posted by ほりねこ at 09:57Comments(0)


3月15日放送の内容

めぐみさんの日田・小鹿田1泊旅行
・日田の豆田町界隈の魅力について(歴史、街並み、食べ物)
・焼き物の里小鹿田には10軒しか窯元がない。その秘密とは。

ほりねこの訪問診療始めますよ宣言
4月からホリデンでは訪問診療を始めます。
在宅医療や医療費の問題について。

ペディ先生 「想いが伝わるプレゼンテーション」参加報告
メンバー3人で受講したセミナーについての報告。
プレゼンテーションの魅力について。

その他告知など。
4月1日に舞鶴公園でお花見をします。

アーカイブのご視聴はこちらから。  


Posted by ほりねこ at 09:21Comments(0)福岡メディカルTV
先日、西新界隈のお友達と話をしていた時に教えてもらったのがこのお店。

商店街からひとつはいりこんだいわゆる「おもしろ通り」といわれている路地裏に

あります。

ここはほりねこが青春時代を過ごしたお気に入りのストリート。

ケーキとパフェの「ストロベリーフィールズ」や、生パスタの「パスティーナ」、

そして安くてボリュームある定食の「衣笠」、山芋たっぷりのお好み焼きの「順平」

などお気に入りのお店が沢山あり、よく通いました。

最近では、ワイン食堂やパン屋さんなど新しいお店も増えてきています。

そしてこの「 Cai-on 」も昨年、バーから業態を変えた新しいお店。



入口がいかにも隠れ家っぽいでしょ。



むしろ初めて扉を開けるには勇気がいるかもですね。

でもって今回は勇気を出して扉を開けてみました。

狭くて急な階段を上って2階のお店へ。

お店はシェフの伊藤さんが一人で切り盛りするカウンターとテーブル席が

4つほどのとても大人の雰囲気がする空間です。




グラスワインもこだわりを持ったワインをセレクトしていて

リーズナブルなお値段でしたがどれも個性がしっかりしていて

美味しいワインでした。

まずはバゲットに若鳥の白肝パテ。
コクがあってとてもワインに合います。



アンチョビポテト  Cai-onスタイル
アンチョビの塩味と皮つきのポテトの風味が絶妙。



自家製オイルサーディン
缶詰のオイルサーディンよりやや大ぶりなイワシを使ってます。
とても香ばしくて骨まで食べられます。



北海道産ミネラルゴボウとアスパラのグラタン
ゴボウのグラタン?ってびっくりしましたが是がとても美味しい!
しっかりと下ごしらえをしたゴボウはやわらかくてしかも
ゴボウ特有の歯ごたえはきちんと残っていてグッジョブ!な一品でした。



牛ほほ肉の煮込み
ソースがとても美味しかった♪お肉もお箸で切れるほどやわらかいです。



スパゲティ アマトリチャーナ
これは絶品。パンチェッタの歯ごたえがいいです。
ガーリックと鷹の爪風味のトマトソースが美味かった♪



西新にこんなに本格的な料理が食べられるお店があったとは!

ワイン&料理
Cai-on (カイオン)
福岡市早良区西新5-6-6-2F
OPEN・16:00~CLOSE3:00
定休日:不定休
TEL:092-823-1151  


Posted by ほりねこ at 12:48Comments(0)グルメ
今日のホワイトデーのお返しのために昨夜は仕事が終わってから

こっそりとキッチンでケーキ職人に変身。



マドレーヌは前日に焼いたレモン風味とは別に
この日はストロベリーパウダーを加えて。
2種類のマドレーヌはスタッフ用とあの方に(謎)。



レモンの皮でレモンピールを作って
チョコレートブラウニーに入れました。



チョコレートブラウニーはお世話になっているあの方(謎2)と
子供たちに。




深夜12時過ぎまで及ぶ作業でした。
これはお店で買った方が安上がりだなwww  


Posted by ほりねこ at 13:01Comments(0)ホリデン
いよいよ本格的な花粉症の季節到来です。



かくいうほりねこも花粉症持ちなのです。

この時期になるとくしゃみは出るわ、鼻水は出るわ、目がかゆくなるわ。

以前に漢方薬を飲んでからは症状がかなり軽くなってきているので

今はお薬に頼ることはありません。



実はこの花粉症の時期になると「上の奥歯が痛い」と来院される方が

増えます。

虫歯や歯周病を疑って検査しても口の中には悪いところはどこにもない。

でも奥歯の方になんとなく鈍痛がする。

このような症状の時には患者さんにひとつ質問をします。

「今、どろっとした鼻水が出ていませんか?」

そう。歯の痛みの原因は鼻(厳密には副鼻腔)にあったのです。




鼻の奥には副鼻腔という粘膜に覆われた狭くて複雑な形をした

4つの空洞があります。

それぞれ上顎洞、篩骨洞(しこつどう)、前頭洞(ぜんとうどう)、

蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)と名前が付いています。

鼻から吸い込んだ空気はここで加湿、温度を調節されて

気道を通り肺へと届けられるのです。

花粉症がひどくなると副鼻腔の中に鼻水がたまって、鼻が詰まるだけではなく

頭が重く感じたり、頭痛がしたりすることがあります。

通常、花粉症の時に出る鼻水は透明でさらさらしていることがほとんどですが、

副鼻腔内で細菌やウイルス感染を起こすと、膿が混じったどろっとした黄色い

鼻水に変わります。

この状態が長く続くと慢性副鼻腔炎という状態になります。

いわゆる『蓄膿症』です。

この副鼻腔のうち一番大きな上顎洞という空洞があります。

位置はちょうど左右のほほ骨の下のあたりです。

実は上顎洞と上の奥歯の根の先端部分はとても近くにあります。

人によっては上顎洞の中に歯の根の一部が飛び出しているケースも

あるくらいです。

上顎洞に膿がたまって炎症が強くなると、その周囲に痛みが出ます。

ですから近接している上の歯の奥歯の付近が痛んでいるように錯覚を

起こすのです。

これが今回の場合の「歯が痛くなる」原因です。

上顎洞に膿がたまっている場合は歯科医院で使用するレントゲンでも

十分に確認できますのである程度の目星を付けるのは簡単です。

このような患者さんには抗生物質を服用してもらうと、かなりの場合症状は

和らぎます。

また、鼻の症状が改善されないようなら耳鼻科への受診を勧めています。



一連のことを説明すると、患者さんは自分の歯の痛みが虫歯でないことに

安心すると同時に、その原因が鼻にあることを知ると大変驚きます。

どうですか?

皆さんもこんな症状に心当たりありませんか?


  


Posted by ほりねこ at 10:43Comments(0)歯科
巷ではホワイトデーが間近なんだそうですね。(人ごと)

バレンタインのお返しどうしようかと考えてたのですが

今回は手作りすることに決めました。

そこで・・・・・

予行演習にチョコレートブラウニーを焼いてみましたwww

チョコレートは市販のものを使用。
(実際に使ったのは3枚)



チョコレートとバターを湯煎にかけて



卵、砂糖、小麦粉を混ぜてオーブンで焼くだけ。

超簡単!(プレゼントする前にこんなこと書かなければよかった)

100円ショップで買ってきたオレンジピールを入れて

アクセントを付けました。

見栄えを良くするため粉糖を振りかけます。

メレンゲ作って添えてみるともっといいのですが

プレゼントには不向きですもんね。



初めて作ったにしては上出来かも。



  


Posted by ほりねこ at 10:58Comments(0)休日

2012年03月11日

東日本大震災から1年

あの日からちょうど一年がたちました。

この地震や津波で命を落とされた方のご冥福をお祈りいたします。

そして被害に遭われた方々におかれましては心からお見舞い申し上げます。

何よりも被害を受けられた地域の一日も早い復興を願うばかりです。


一年前のあの日、福岡市の上空では自衛隊のブルーインパルスによる新博多駅ビル

開業記念式典の予行演習飛行が行われていました。

ほりねこも昼休みの時間を利用してスタッフと一緒に試験飛行を

見るために博多駅付近まで出かけていきました。

生まれて初めて間近で迫力あるブルーインパルスの演技を見て

興奮しながらクリニックに戻りました。

そのすぐ後にあの大地震が起こりました。

ブルーインパルスの本拠地の宮城県の松島基地も津波で大きな被害を受け

翌日に予定されていた記念式典も中止になりました。


クリニックに戻ると地震の情報が絶え間なくインターネットから流れてきました。

信じられない気持ちで次々流れてくる情報や映像を見ながら、

ふと感じたことがありました。

「こんな事態なのに自分には何にもできない」

震災後も現場で何か力になりたいと思いながら、毎日の生活に

追われていく自分に無力感や嫌悪感を抱く事もありました。

震災から一年。

あの日からいろんな意味で日本は変わったと思います。

震災によっていぶりだされた課題はまだまだ山積してます。

原子力発電所の事故の影響などはこの先何十年も残っていくことでしょう。

40半ばになったいま、自分の人生は十分に謳歌したつもりです。

そろそろ人のために生きていく時期が来たのかもしれません。

「僕には何ができるだろうか」

そんな思いが胸に去来します。








  

Posted by ほりねこ at 14:46Comments(0)
ずいぶん前に購入したものです。



イタリアのユニークなデザインの日用品メーカー

ALESSIのものです。

口からフロスを吐き出すデザインが微笑ましいです。

これなら毎日のフロッシングも楽しくなりそう♪




  

Posted by ほりねこ at 09:00Comments(0)ホリデン
ずいぶん前に行ったお店で、まだブログで紹介していない

お店が幾つかあるのでこれから数回にわたって記事にしていきます。

まず今回紹介するのはスリランカ風のカレーのお店「ヌワラエリヤ」です。

こちらのお店は西通りにあるスリランカカレーの老舗「ツナパハ」の姉妹店。

11人で行ったのでいろんな種類の料理を食べました。
美味かった。美味かった。






豚足です。




イングランドカレー


チキンフィリン






ドライカレ―
そのまま食べてもルーを掛けてもおいしい。


ヌードルカレー
ビーフンのような麺がはいっています。



ヌワラエリヤ
福岡市中央区赤坂1-1-5 鶴田けやきビル 2F
(モスバーガーの上です)
092-737-7788
  


Posted by ほりねこ at 09:00Comments(0)グルメ

2012年03月09日

Siri

昨日Appleから新型iPadの製品発表が行われて色々報道されてましたが

新製品の発表とは別にもう一つ話題を集めた出来事がありました。

それがiPhoneを音声で操作する「Siri」の日本語化が対応が始まったことです。

iPhoneに向かって話しかけると電話をかけたり、メールを送ったり

インターネットで検索かけて調べてくれたり色々な事をやってくれます。

そしてそれを自動音声で読み上げてくれるのです。

例えば"明日の天気は?”とiPhoneに話かけてみると・・・



こんなふうに教えてくれます。

さらに”寒いね”と話しかけるとこんなふうに返してくれます。



目覚ましだってセットしてくれます。
もちろん変更も音声だけでOK!



株価も教えてくれます。



ちょっとSiriがどんな反応をするのか遊んでみました。

”   ”内の言葉がほりねこが喋った言葉。

それに続くのがSiriが応答してくれた言葉です。




あっさりかわされましたww




なかなか口説き落とすのは手ごわいようです。

なので作戦変更




いじらしいですねー。かなり男の人の扱いには慣れているようですww




なかなか謙虚な一面もあります。


こりゃしばらくは遊べそうです・・・・


  


Posted by ほりねこ at 09:46Comments(0)

2012年03月08日

ひょうたん寿司

先週の日曜日に久し振りに行ってきました。

メディカルTVのメンバーでとあるセミナーに出席したのですが

その前にこちらのお店で腹ごしらえをしてきました。

※セミナーについてはこちらの記事参照

メディカルTVのメンバーは全員只今絶賛ダイエット中なので

ヘルシーなものをということでお寿司になりました。

というわけで、天神でお寿司を食べると言えばここです。

休日のランチタイムともなれば開店前から並ぶ

覚悟が必要ですがwww

リーズナブルな値段で新鮮なネタの美味い寿司が

食べられます。

まずはお刺身から。
鯨のさえずりやベーコンまではいって豪華でしたw(写真は2人前)



セットメニューの茶わん蒸しも具だくさんでした!



カニクリームコロッケも美味しかった!



お寿司はどれもネタが新鮮でいい!
やっぱり博多って安くて美味しい魚が食べられるから好きだなあ。




ひょうたん寿司

福岡市中央区天神2-10-20 2F・3F
電話 092-722-0010
営業時間11:30-15:00(LO14:30) 17:00-21:30(LO21:00)
  


Posted by ほりねこ at 09:00Comments(0)グルメ

2012年03月08日

メロンパン入れ

・・・・

・・・・

やっぱり使えないか・・・・





※本来はこういうものです。
ソランちゃん  


Posted by ほりねこ at 08:33Comments(0)ホリデン

2012年03月07日

予約診療について

いきなりですがホリデンの待合室にはテレビがありません。





時々バッチフラワーなどの紹介映像を流している小さなモニターはありますが(笑)




なぜならホリデンの待合室ではテレビをゆっくり見る時間がないからです。

ホリデンでは予約での診療を行っています。

※もちろん飛び込みの急患の方や新患の方も受け付けていますが
ご予約をいただいた方の診療を優先させていただいてます。


ではなぜ「予約診療」にこだわるのでしょう?

ホリデンでは待合室で1時間も2時間もお待たせして

診療時間がたったの3分なんてことはありません。

病気の状態で来院していただいて、ただでさえ精神的にも

不安な状態のまま長時間お待たせするのは、治療効果の

上でもマイナスだと考えているからです。

「待たされる」といったストレスが身体の自然治癒力を奪っていくからです。


私たちは「時間」というものをとても大切に考えています。

原則的に診療時間も余裕を持って長めにとるようにしています。

例えば10分もかからない治療でも最低30分の枠を確保するように

しているのです。

基本的には1時間ずつ枠を確保して余裕を持って診療が終われるように

工夫しています。

※もちろん突然の治療内容の変更や難症例の場合など予定していた時間を
オーバーしてしまうことはあります。

流れ作業のように患者さんをこなすだけの治療はやりたくないのです。

予約した治療時間は「その患者さんのために使われる時間」なのです。

それを実践するためには優秀なスタッフとのチームプレイが必要です。

スタッフは予約時間内に治療が終わるように、事前に患者さんの治療のための

準備を念入りに行います。

その日の治療に必要な物やレントゲンの準備、そして技工所などへ

次回の納品の日時の確認など、院長の指示がなくてもてきぱきと

こなしていきます。

もちろん朝のミーティングでその日に来院する患者さんの情報はみんなで

共有することにしています。当日に予約が入った急患や新患さんの情報は

電話を受けたら直ちに院長であるほりねこに報告されます。

そして予約時間の調整をしながら、できるだけ他の予約の患者さんの

治療の妨げにならないように指示を出していきます。

キャンセルになるとそういった準備がすべて無駄になってしまうという

リスクはあるのですが、それでも私たちは原則を変えることはしないつもりです。

そういった時間にも患者さんをスムーズに治療するためにやることは

たくさんあるからです。


最後にひとつだけ本音を言わせてください(笑)

「でもキャンセルの際は事前にご連絡いただけると大変こちらも助かります。」

  


Posted by ほりねこ at 09:00Comments(0)ホリデン