福岡市早良区藤崎(西新)の歯科医院を開設している「ほりねこ」のブログ

ほりねこ院長のホリスティック日記 › ホメオパシー › のどの痛み

2009年02月14日

のどの痛み

こんにちは。ほりねこです。

今日もあったかいですねえ。

まあだまだ仕事中なんですが、

ひとっ走りドライブにでも行きたい気分です。

インフルエンザの流行もピークを過ぎたという

ような報道もありましたが、まだまだ寒い日が

やってくるでしょうから、油断は禁物です。

ちょっと昨日からのどに少し痛みがあったので、

ビタミンCのサプリをいつもより多く飲み、

ホメオパシーのアコナイトというレメディを使って

みました。

アコナイトというレメディは、急激に起こる症状や、

ショックに対して有効です。

寒さのあと(ほりねこは昨日湯ざめをしてしまった

ようなので)急激に発熱したり、ぞくぞくしたりする

ときにまず試してみるレメディです。

アコナイトとは実はトリカブトのことです。

昔トリカブトを使った殺人事件があったように、トリ

カブトそのものは強力な毒を持っています。

しかし、漢方でも附子(ぶし)として多用されて

います。

漢方では身体を温める作用がある薬として

冷え症の治療によく使われています。

ホメオパシーの場合、トリカブトから作るといっても、

希釈を重ねてトリカブトの物質自体は理論上全く

はいっていないほどにまで薄めた物を使います

ので、毒性については心配ありません。



レメディというのは砂糖玉に先ほどの超極限まで薄めた

液を吹き付けた物です。

中身はこんな感じです。



直径は5mmぐらいです。

飲むときには1粒ずつ使います。

この金平糖みたいなものを噛まないで口の中で

ゆっくり溶かします。

味はもちろん甘いだけです。

お子さんからお年寄り、妊婦の方にまで使えます。

こんなもんでよく病気が治るもんだと思われるかも

しれません。

欧米では医療の一部として認められており、

保険が使える国もあります。

しかし、レメディと身体の状態がぴったり一致しないと

なかなか期待された効果が出ないものです。

自己判断だけでレメディを飲み続けるのは危険です。

ぜひ専門の先生に相談してください。

同じカテゴリー(ホメオパシー)の記事画像
学会報告
インフルエンザ流行中
同じカテゴリー(ホメオパシー)の記事
 学会報告 (2009-10-13 11:44)
 ホメオパシーセミナーの報告 (2009-04-30 08:55)
 インフルエンザ流行中 (2009-01-28 11:03)
 報道ステーション (2009-01-23 10:46)
 ホメオパシーのセミナー (2009-01-15 14:19)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。