福岡市早良区藤崎(西新)の歯科医院を開設している「ほりねこ」のブログ

ほりねこ院長のホリスティック日記 › 2009年02月24日

スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at
おはようございます。ほりねこです。

アカデミー賞で『おくりびと』が受賞しましたね。

見に行きたかった映画でしたが、見に行け

なかったのですが、これをきっかけに再映

されるでしょうね。

おくりびとは『死』をテーマにした映画ですが、

今の日本では、ほとんどの人が自宅ではなく

病院で死んでしまいます。

葬儀も葬儀屋さんに任せて、淡々と進みますし、

『死』に対するリアリティを失っているように

思います。

皆さんの中にも、臨終の場に立ち会った事がない

人も多いんではないでしょうか。

自分の肉親に囲まれて、安らかに臨終を迎えて

いる人って本当に少ないような気がします。

そんな時代に、「死ぬ」ということはどんなこと

だろうかと言うことを研究した人がいます。

エリザベス・キューブラー・ロスという女医さんです。

彼女は人が死を受け入れて、死んでいくまでの

状態をいくつかの段階に分けて、本人と周りの人が

どのように死と向き合っていけばいのかということを

書いています。

死ぬ瞬間―死とその過程について (中公文庫)死ぬ瞬間―死とその過程について (中公文庫)
(2001/01)
エリザベス キューブラー・ロス

商品詳細を見る


もう一冊お勧めする本は日本のイラストレーター
寄藤文平氏の『死にカタログ』です。
ここには世界中の死に対する考え方を
ゆるいイラストで紹介していて、なかなか
面白いです。

死にカタログ死にカタログ
(2005/12/15)
寄藤 文平

商品詳細を見る


彼の作品にはもうひとつのタブー『うんこ』に関する
本もあり、それもなかなか面白いですよ。

ウンココロ ~しあわせウンコ生活のススメウンココロ ~しあわせウンコ生活のススメ
(2005/04/16)
寄藤 文平藤田 紘一郎

商品詳細を見る

  


Posted by ほりねこ at 09:39Comments(0)統合医療