福岡市早良区藤崎(西新)の歯科医院を開設している「ほりねこ」のブログ

ほりねこ院長のホリスティック日記 › 2009年09月16日

  

Posted by at


トゥース!ほりねこです。

本日はなぜこんな恰好で現れたかって?

別に欽ちゃんの仮装大賞に出ようとしてるのはありません。

暇にまかせてドラマの『ER』ごっこをしているのでもありません。

これはうちのクリニックでのインプラントの手術の時の衣装?

です。

緑色のガウンはもちろん使い捨て(ディスポーザブル)です。


こちらが準備している間、患者さんはソレイユで

アロマセラピーのトリートメントを受けています。

福岡ホリスティックデンタルクリニックでは、インプラントの

オペの前に、緊張を和らげリラックスしていただくためと、

全身の血行を良くして自然治癒力を手術前に高めておく

ために「ソレイユ」でアロマセラピーのトリートメントを受けて

いただいています。

(御希望の方のみ。30分・無料)



オペにはこんなにたくさんの道具を使うんですよ。



骨に穴を開けるドリルなどの道具です。最初は小さいドリルで穴をあけて

順々にドリルを変えていき、インプラントが入る大きさの穴にしていきます。

いっぺんにドカッと穴をあけるわけではないので怖くは

ありませんよ。

麻酔は局所麻酔でできます。



もちろんすべて滅菌済み。

手で触れるところはすべてアルコールで消毒を行っています

緑色の清潔ゾーンはもう手で触ってはだめですぞ。

ここは手洗いを終わった滅菌手袋をしたドクターと

清潔領域の担当スタッフだけが触ることが許される場所です。

他の所から何かとってもらったり、動かしてもらう時には

不潔領域の担当スタッフに頼みます。

(不潔なスタッフという意味ではありません!)



レントゲンも見ながら慎重にオペを行います。

オペにはほりねこ以外に2人ないし3人がつきます。




さて、トリートメントを終えた患者さんは、担当の衛生士がお口の中を

別室で丁寧に消毒中です。

うちのクリニックでは部屋の空気のの消毒に、ソレイユの

スタッフが作った精油を用いた抗ウイルススプレーを使ってます。



ウイルスをやっつけるだけでなく、とってもいい香り。

秘密の精油の配合はこちら。御参考までに。



なかなかこういう場面は見る機会がないでしょ。

一回見ておくと意外と安心感がわきます。

ではいよいよ始めましょうか。・・・・・・





本日のインプラントの埋入は1本。

オペにかかった時間は実質30分で無事に痛みもなく

終わりました。


  


Posted by ほりねこ at 17:33Comments(12)ホリデン
昨日は6時半から西鉄グランドホテルにてパイロットクラブの

例会でした。

パイロットクラブというと、まだあまりご存じない方も

多いと思いますので、クラブのHPに出ている言葉を

そのまま引用して説明しますと…

『パイロットクラブとは、「友情と奉仕」をモットーに地域社会と

世界の質を改善するために共に働く幹部職、事業職、専門職の

リーダーからなる地球規模の民間奉仕組織です。

84年前、1921年、アメリカジョージア州メイコンの働く女性40人が、

友情と社会奉仕によって世界平和の水先案内人(パイロット)に

なろうという理想を掲げ、小さなクラブを結成しました。

そしてその会を、“パイロットクラブ”と名づけたのです。

その理想に共鳴する人々の輸はしだいに広がり、現在では

世界6ヵ国に約550のクラブとパイロットクラブが組織した

青少年のアンカークラブ、208クラブで、合計約2万5千人以上の

会員が、世界各国でそれぞれの地域に根ざしたボランティア

活動を続けています。』とあります。

御縁があってこの活動にほりねこも参加させていただいて

おります。



10月4日(日)には全世界のパイロットクラブが共同で行う

「世界統一パイロットウオーク」というイベントがあります。

脳関連障害を持つ方々への支援及び、脳の大切さを訴え、

脳外傷の予防をよびかけながら街を歩きます。

集合場所は10時に警固公園

午前10時30分に警固公園を出発し、あいあいセンター

(福岡市立心身障がい福祉センター)まで歩き、そこで

交流会が開かれます。

その交流会でハンドベルをメンバーが行うことになって

いるので昨日は練習もありました。


ほりねこは『ラ』を担当です。

最後はいつものグルメレポートで・・・



昨日の会議で出たお弁当。
  


Posted by ほりねこ at 08:21Comments(4)ボランティア